ハロワの説明会に行ってきた

最後の給料を未計算の状態で離職票を発行してくれていたので
ハローワークの説明会時には、離職時の会社へ最終の給料を確認中とのことで
仮の雇用保険受給資格者証を渡されました。

雇用保険受給資格者証には確認中→賃金に〇がされており

14 離職時賃金日額 確認中
19 基本手当日額  確認中
20 所定給付日数  確認中

上記のように印字されていて、給付金額等は初回、認定日までに確認し正式なものを渡しますとのこと。

離職後すぐに役所に健康保険と年金の手続きに行った時には
離職票がなかったため年金の免除申請をしませんでした。

雇用保険受給資格者証を持って役所に行こうと思ってましたが
仮の受給者証でも手続きしてくれるのか不明なので正式なものを貰ってから
また役所に行こうと思います。

4月初旬の役所は激混みでしたが現在も混雑は続いているのかなぁ。

年金の免除申請は郵送でも受け付けてくれるようですが
前年所得、特例認定区分とか書く欄があ
よく、わからないので職員の方に頼ろうと思います・・・

しかし説明会は長かった・・2時間も!
前から、こんなに長かったっけ?前の時は長いなぁとか思った記憶ないんだけどなぁ。

なるべく早めに仕事を探して再就職手当、支給されたら嬉しいなと考えていました。
大雑把に「退職した会社の関連企業に転職したら再就職手当は貰えない」
とは知っていましたが
資本・資金・人事・取引面で密接な関わりのある事業主も含まれると
説明を受け・・私には難しい・・・
申請する機会あれば、また説明してくれるでしょう・・

早めに仕事が見つかれば
再就職手当が貰える対象じゃなくても、まぁ良いかと思います。

あと説明会を聞き、ちゃんと採用時には確認しなければと思った項目は
「出勤初日を記入するのではなく入社日を記入して下さい」とのこと。

例えば、7月1日(土)が入社日で初出勤日は7月3日(月)の場合
間違えて7月3日の出勤初日を記入すると不正受給の対象になり
就職して働いているのに平日昼間に呼び出しが発生し手間になるので
就職が決定したら、きちんと確認してくださいと言っていました。

そんなの確認するの私は忘れそう。
忘れそうだけど、雇用保険受給中に仕事が見つかればの話で
無用の心配かもしれない・・・

何に関しても手続き関係は、ややこしい。


スポンサーリンク





職安から届いた郵便

ハローワークから郵便物が届いたので何かな?と開封すると

求人情報のご提供
ご検討の対象となりそうな求人がありましたので情報提供します
と書いてある・・・

求人票を見てみると私の条件には一致していない内容の求人。

2時間~5時間勤務で時給900円~の軽作業の仕事。

そんなの生活できませんからっ!!
せめてフルタイムの仕事の情報提供お願いします。

情報提供を希望するに〇をしたのは間違いないんだけど
これってハローワークの職員がチャチャッと検索して
適当に見つけて送ってくるんだろうか?

わざわざ郵送してきて1件のみの情報提供って・・・
どうせなら郵送料、発生するんだし3件くらい送ってきて欲しいわ。

離職票が到着

派遣会社から離職票が届いたのでハローワークに行ってきました!

前々会社で雇用保険の受給手続きせずに派遣で働きだしたので
1年以上の受給資格は満たしている状況でした。

初回契約で退職した派遣会社からの離職票の内容は

(2)労働契約期間満了による退職

1回の契約期間2か月 契約更新回数0回
契約更新又は延長することの確約 無
延長しない旨の明示 無
労働者から契約の更新又は延長を希望しない旨の申し出があったに〇

b 事業主が適用基準に該当する派遣就業の指示を行わなかったことによる場合に〇がされてました。

備考欄には自己都合と書かれていましたが
離職コードは2Dに〇

ハローワーク職員によると契約期間満了なので給付制限なしで受給可能とのこと!!

備考欄の自己都合が気になり3か月の制限が付くのではと不安だったのですが安心しました。

ハローワークで待っているときに他の方の内容が聞こえてきたのですが
待っている40分くらいの間に
2人も離職票が届いていない状況で手続きに来ている様子。

離職票が届いていなくても手続きに来る人が
40分程の間に2人も居たのはビックリです。
離職票が届くのを律儀に待たなくても
ハローワーク職員の方にとっては日常茶飯事のことなのかもしれない。

早めに良い、仕事が見つかりますように・・


スポンサーリンク